スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妻の超然】 絲山秋子

妻の超然妻の超然
(2010/09)
絲山 秋子

商品詳細を見る


超然という響きに惹かれて手に取った一冊。これまでにも、何処かしら世間から遊離し【超然】と
生きている様な人々を中心に書いてきた絲山さんが、とうとうタイトルに【超然】と着けている。

この事実がたまらなくシックリ来た。収録されているのは三作品。【妻の超然】【下戸の超然】【作家の超然】だ。収録順に粗筋と感想を述べようと思う。

まずは【妻の超然】小田原に住む四十八歳、子無しの主婦理津子は、
五歳年下の亭主・文麿との結婚生活も十年を過ぎ、今では家庭内別居をしていて、

夫の浮気なぞ【超然】と構えてられると思っていたのだが…。理津子が根本的にお人好しなのが憎めない所だ。
印象的だったのが、彼女は小田原のマスコット的な象の花子さんに事あるごとに会いに行き、

象が人間に成り変わり、地上の盟主となっていたならば、どんなにか深遠で哲学的な世界が
展開していたであろうか、と夢想するシーンだ。あまりに現実的な生活を暮らす理津子が、

心の平穏を象に求め、全然【超然】としていないのが可愛らしいなと思った。次に【下戸の超然】だが、
北九州の出身なのにも関わらず下戸の広生が、彼女及び周囲の人達との摩擦を経て【超然】とした存在だと

誤認されていく様が、見事な描写で書かれてあるのに読み応えがあった。
例えば彼女が夢中になってやっているボランティアを広生にも強制する場面の表現力の巧さに舌を巻いた!

引用してみたいと思う。『僕はその、他人へのむきだしの善意と、社会へのむきだしの悪意の前で不安になる。

善意には際限がないようでおそろしい。悪意というものは怒りと同じでモチベーションを保ち続けるのが
おそろしく難しい。ところが善意というものは、ときには人を傷つけながら、人の自由を侵害しながら、

イナゴの大群のようにすすんで行く。』如何だろうか?社会に存在する居心地の悪さの正体を暴く、
絲山さんならではの視点が隅々まで行き渡った名文でないかと思う。最後に位置するのが『おまえ』と

二人称の文体が作品全体に緊張感を与えることに成功している【作家の超然】頸に出来た腫瘍の摘出手術、
その前後の日々を描きながら、果ては、遠くない未来『文学は滅亡するであろう』と予言する。

この短編集には大いに考えさせられた。自分にとっての読書の意味も含め、
二度、三度と読み返したくなる本の一冊となっていくと思う。【超然】は深い意味のある言葉。

あなたも是非体感してあなたなりの答えを探してみて下さい。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【逃亡くそたわけ】 絲山秋子

逃亡くそたわけ (講談社文庫)逃亡くそたわけ (講談社文庫)
(2007/08/11)
絲山 秋子

商品詳細を見る


21才の夏は一度しかない!その夏が、あたしの夏が、なんにもないまま終わってしまう!!!
それだけは嫌だ!という単純明快な理由で精神病院からの脱出を決意した、花ちゃん。

ホントは一人で逃げるつもりだったけれど、病院の中庭で悲しげな顔して猫と遊んでいた
「なごやん」を目撃し、勢いと弾みで「一緒に逃げよう!」と声をかけてしまう。

かくして、なごやんの愛車【広島のメルセデス】ことルーチェでの逃走劇が始まるのだが、
東京オタクのなごやんが、『九州の観光地』には一切行ったことがないことが判明し、

車は本州方面に行くのを止め、ひたすら九州を南下する道を選ぶのだった。
BGMにはTheピーズの『どこにも帰らない』のカセットをエンドレスで鳴らして。

切ないなぁ、と感じたのが、病院で処方される劇薬が、自分を廃人に変えてしまう、
と信じ切っている花ちゃんが、それでも、なごやんの社宅に残っていた向精神薬の中から、

躁病の自分にも効果のある薬を選り分け、『薬が完全に無くなった場合、幻聴だけでなくて、
幻覚が出て来てしまう』。それほど自分の状態が、酷いって分かっていながらも、

迷わず逃亡をする点だ。このロードノベル。一見、花ちゃんの態度がハイパーがつく位陽気で、
ぶっ飛んでいるし、優柔不断で頼りなげに見えるなごやんも、相棒のイケイケな態度に感化され、

平気で畑に忍び込み、キュウリやトマトを泥棒したりしてるしで、
2人して善悪の判断に赤ランプが点灯しまくりの旅を繰り広げる訳だけれども。その根底には、

とっても純粋無垢な精神を持っている人、ならではの危うさも、時々顔を覗かせてくるのだ。
名古屋人として生まれて来た自分はコンプレックスの塊だ!というなごやん。

花ちゃんにしたって、出来心でした自殺未遂のせいで、通っている大学
(ちなみに筆者も同じ大学出身です)の友達連中や恋人から距離を置かれ、

一人ぽっち状態だし・・・。不自然な2人の自然で健全な珍道中は続く。
なごやんが、慶応大学出身なのに、福澤諭吉が大分県中津市の出身であった事をしらなかったり、

花ちゃんが旅の疲れと、湯のぼせで、ぶっ倒れる別府。そして阿蘇では、なごやんの口から

『実は最近、阿蘇山の火口に飛びこんで自殺したかったんだよね、
実際に火口の深さを見てみると、とてもじゃないけど無理だな・・・。』と衝撃の告白があったり。。

いよいよ、花ちゃんの幻覚が始まり出し、難儀していた所に現れた、訳の分からない、クリニック。
何処なのかさえ分からない山中に、デーンと現れた、救世主の様なクリニック、

での花ちゃんの会話や、なごやんの病巣を一喝した医者の威厳ある態度が良かった。
その後も薬を頼りに逃避行を続ける2人。花ちゃんが正気の時に思う、病気への正直な思いが、

何ともいえずリアルで、さりげない分胸に響いた。

『いつまでこの声は聞こえるのだろう。いつまであたしはこの病気と
つき合わなければいけないのだろう。あたしはやっぱりテトロピンを処方してもらった方が

良かったんだろうか。ぐったりするような劇薬を飲まなければならないほど,
いけない病気なんだろうか。』『ねぇなごやん、悲しかね、頭のおかしかちうことは』

ラスト付近のTheピーズのバラードと、逃避行の最後の最後の、
なごやんが叫ぶ一言が堪らなく泣けます。是非、この物語の渦に身を任せてみて下さい!!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【沖で待つ】 絲山秋子

沖で待つ (文春文庫)沖で待つ (文春文庫)
(2009/02)
絲山 秋子

商品詳細を見る


【沖で待つ】で芥川賞の受賞が決まった時、著者である絲山さんは
『働く現場をうまく書くための入り口にようやく差し掛かったかな、という感じ』と感想を語ったそうだ。

その言葉を絲山さん関連のサイトで目にした時、『これは読まねば!』と強く感じた。
以前、【海の仙人】【ニート】と続けて読んだ時、

『この作家さんには明確に、書きたい世界が在るのだな。』
読み手の側にヒリヒリと伝わって来る鋭い文章から受けたのを、ハッキリと覚えていたからだ。

それは、現代人の胸の内側、建前の奥に眠る本音、社会の気配の裏表に、耳を澄まし、
目を凝らす、という作家の強い決意表明の様な物、なのだろう。

誠実な姿勢に深く共感したのだ。新聞やテレビは、最新の情報として、ニュースを報道する。
しかし、評論家にせよ、コメンテーターたちにせよ、社会の問題とは言えても、

コメントを述べる自分が、現代人の何処ら辺に立って意見を発表しているか、が感じられないので、
こちらにはイマイチ言葉や声が響かない。

その点で長い間、より身近な現代の現場から届いた響く言葉を探していた。
そこに、この『沖で待つ』が持つ、限りなくリアルに接近して書かれた言葉は、

実に心地良く響いた!!『男女雇用機会均等法』が施行されて数年後、新卒社会人として、
『女性総合職』として働く事になった主人公の及川さんと、同僚の牧原太くん。

赴任先は未知の都市、福岡市。男性社員には、お味噌的な扱いをされ凹み、
地元採用の女性事務員たちにも、『よそ者』に対する溝を感じて…。

それでも、愛されるキャラな牧原くんが『太っちゃん』のアダ名を付けられた頃から、
及川さんも福岡支社の仲間と打ち溶けて行き、特に『太っちゃん』とは親友で戦友な間柄に。

この男女の微妙な距離感や、友情の密度が、
『どちらかが先に死んだら、お互いPCに隠してある筈な秘密を責任持って消そう!』

不思議な約束になって残ります。しかも冒頭、『太っちゃん』は、幽霊として現れます、って、何故!?
果たして、秘密とは何なのか?『沖で待つ』の意味は?仕事を始めたての頃に特有の、

青々とした不安や喜びを共有する仲間意識が、清々しく描かれています!
同時収録の『勤労感謝の日』での赤裸々な女2人飲みでの弾けっぷり。

都知事で、芥川賞選考委員もされてる某氏を徹底的におちょくった、
『みなみのしまのぶんたろう』も、強烈に面白い作品ですので、お得感たっぷりな文庫本として、

大オススメします!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ニート】 絲山秋子

ニートニート
(2005/10/29)
絲山 秋子

商品詳細を見る


五つの作品収録の短編集。どの作品にも絲山節と呼びたい
ヒリヒリした人間関係が描き出されている。登場人物たちの置かれた絶妙な位置と関係性。

心理描写も単に個人の内面や葛藤を軽くなぞるのでなく、
怖れず後一歩奥に突っ込んで人物の【心の修羅場】まで言及しようとする

小説の可能性への挑戦的な姿勢に終始唸らされっ放しだった。
特にタイトル作の【ニート】と続篇!読書中自分を含め何人もの人間の顔や風景が浮かび、

人生の不思議について思わずにはいられなかった。貴重な読書体験をさせてもらえた様に感じる。
小説は作家活動がともかく軌道に乗り始めた絲山さんの分身みたいな私。

虫の知らせなのか疼き出した虫歯がきっかけで二年振りにキミの存在を思い出す。
ギリギリ二十代でサイトだけを残して社会からは姿を消したキミは

【殆ど、生きることをやめてしまった。】ひきこもりニート。
何故、もっと早く彼の存在を思い出さなかったのだろう!?久しぶりに開いたブログ。

ネタと呼ぶには苦すぎて笑えない内容。瀕死の姿さえ思い浮かぶ位に・・・。
ならば、と即座に私はキミの救出に向かった!り出来ず、数日ひたすらキミのことを、

『キミの今の生活、今よりもう少しマシな生活のことを思った。』悶々としたまま固まっている私。
何故ならキミはキミの意志で、健康だが働いていないし働く気もない生き方を選んだ訳なのだから。

『他人からの援助を受けるには申し訳ないと思っている。』筋金入りのニート。
彼の生き方には似合わないスーツを着るよりニートの方が向いていると私も思う。

でも生きるには金が要る。散々思い悩んで、私は成り上がった証拠に彼に金を貸す!と決め、
彼のパソコンにメールを入れる。二人が再会してから、私がキミに金を貸そうと考えているのを伝え、

納得させるまでのやり取りが堪らなく切ないです。続篇のタイトルは【2+1】。
お金を渡した私と、受け取ったキミのその後。関係の変化がタイトルに。

意味深なタイトルは何通りかの解釈が可能だと思うので、
肝心の中身の方は直接読んで確認されてみて下さいね!!あ、それから。

ラストに収められて賛否両論の衝撃作【愛なんかいらねー】。
個人的には村上龍さんや田口ランディさんの作品に登場する怒りと祈りの間を行き来する

生臭さを持った作品だと思いました。絲山秋子さんが一貫して描いて来ている一般社会から
ドロップアウトした人間の再来や再生。イン&アウト自由自在な世界の創造が、

この先どう変化して行くかが楽しみです。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【エスケイプ/アブセント】 絲山秋子

エスケイプ/アブセントエスケイプ/アブセント
(2006/12)
絲山 秋子

商品詳細を見る


絲山秋子作品は【海の仙人】に続いて、二回目の体験。それにしても。
絲山節とでも言うのだろうか、今回も。世間の、何処に隠れて居るかは知らねど、

虱潰しに捜せば、確実に存在しているであろうタイプの人間たちを見つけ出し。
そんな彼らの言動に圧倒的リアリティーを持たせる事に易々と成功してみせるのだから。

まったく!畏れ入るより他にない!!。エスケイプとアブセントの中篇2つが、
時間差で対になっているのも凄い!タイトルに込められた深い意味、バックレと不在。

エスケイプの主人公は江崎正臣。1966年生まれ四十歳。
運動から足を洗ったばかりの元・活動家。

仙台に居る妹に念願の託児所を開設したから、働きに来て欲しいと言われている。

それまでの猶予期間は一週間。
ダメで冴えないオッサン正臣の、バックレ人生振り返る、感傷旅行。

正臣の吐く独白、一発、一発が、ちょびっと意味ありげなのが胡散臭くて笑える。

口癖の『どっかで暴動でも起きないかなー』
(色々調べたら1990年の大阪・西成の暴動は大きく、正臣も年齢的に参加しているかも)とか、

『そりゃあいい気分だったぜ。
自由を勝ち取ろうなんて言うのをやめた瞬間自由になっちまったんだもの』とか。

騒ぎと、高揚、だけを延々待ち侘びた挙げ句、
人生をだめにした男の捨て身とハッタリの煙幕っていうのかな…。ガツン!と響いて来ます。

『だけど、中年からだってまだ人生はたっぷり残っている。こいつがなかなか難儀だ』って、絲山さん。
どうしてこうも上手く読んでる側の身につまされる生々しさが書けるんですか!?

夜汽車の中、酒盛り始めた正臣は目的地あっさり京都に変えちゃうし、脳内のBGMにルー・リード、
『ワイルド・サイドを歩け!』チョイスしてから、自身のゲイをカミングアウト。

8才で見た『三菱重工爆破事件』の映像を見て、
高層ビルぶっ飛ばす事を堂々と正義と信じてる大人が存在するのを知り、

こども心に1人密かに【過激派】に憧れていた事。それから、パンク・ムーブメントに
乗り損ねちゃったもんで、アンダーグラウンドな世界に走った事。

で、かれこれ二十年一番好きなギタリスト、
ロバート・クインのアルバム【エスケイプ】を探し続けてる事。

最初の内、酔いと旅情に浸っちゃテンション最高潮もう告白しまくりで!
でも、四十過ぎの子供程度の世間値な自分には、

一週間後に始まる新生活は毎日が社会科見学だな、こりゃ。と寂しくなり不貞寝する辺りには、
そこはかとない悲哀が。いざ京都に降り立ってからも、せっかく見つけた【エスケイプ】を、

店の棚見てる間に、頓珍漢な格好した西洋坊主バンジャマンにタッチの差で買われてしまう。
あ~あ。で、明日の夕方教会に聴きに来いよ!と誘われる。このオッサン共と来たら…。

教会で何ちゅー音楽聴いとんのじゃ!?。周囲からの人望だけで、
勝手に神父に奉り上げられた偽外人で、コスプレ神父の番ちゃん。

そんな中、バックレ人生の正臣にも、【不在】が、行方が、どうにも気になる、
『あいつ』の影チラリ、チラリ。顔を覗かせる訳で。

終盤、バンジャマンのピアノの調べに乗せて全身全霊で祈る正臣。

『神さまよ、人の罪なんか聞くより、むしろ応援しろよ。あんたのつくった人類のこととかをよ。
もちろん、おれのこともよ。つうか、あんたって会社で言ったら社長みたいなもんじゃね~の?

だとしたらおれたちの罪みんなまとめてあんたの責任でもあるわけじゃん。
そうは言っても人類なんて手にあまるだろ。だったら祈れよ。あんたこそ祈れ。祈り続けろ。』

やけっぱちな祈りの後のバンジャマンとの何気ない会話。
謎を打ち明けるように告白される驚きの【あいつ】の正体。

これを知り後編のアブセントを読み、もう一度エスケイプ読んで下さい!
人は死ぬまで生きるんだ、って当たり前の事が、大事に、大事に、書いてある傑作です。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【海の仙人】 絲山秋子

海の仙人 (新潮文庫)海の仙人 (新潮文庫)
(2006/12)
絲山 秋子

商品詳細を見る


ファンタジーと言う名の神様。突然目の前に。居候に来たのだ。
「俺様は一番できが悪い。」自信満々なダメさ加減で。奇跡だって余り上手くないらしい。

にも拘らず主人公河野は驚きもせず、むしろ当たり前のようにファンタジーの存在を受け入れる。
旧知の間柄とでも言うような態度で。え、なんで!?何故この状況を平然と受け入れる!

そもそも河野からして風変わりな男だ。

宝くじで三億当選した後、東京での会社勤め辞め敦賀半島の海辺の町で、
半分世を捨てて暮らして居て。朝の間部屋に砂を敷き詰めたら、ひねもす魚釣り。

何かしら得体知れない欠落を抱え、
世界から隠れる事を自分で選び取ったような気配すら漂わせている。

流石、ファンタジーが居候先に選ぶだけの事は在るのだ…。

物語は河野と関わり続ける事になる女性かりん、片桐を軸に動き始める。
2人の違いを象徴するのが、ファンタジーだと言うのが面白い。

懐かしさを感じている様子の、かりん。
ファンタジーの姿が見えているのに、全く誰だか心当たりのない片桐。

彼女以外の主要登場人物は全員ファンタジーに見覚えがあるだけに強く印象に残る。
神様としての自分について問われる度、

『俺に救われるんじゃない、自らが自らを救うのだ』とか『誰もが孤独なのだ』と、
応答するファンタジー。では、果たして彼の神様としての役割は何なのか?

河野の所に居候して、どうしたいと言うのか…!?。
河野が守って来た秘密と、かりんの孤独が呼んだ悲しみがすれ違う様子。

報われないと知りつつ献身的な愛に生きる片桐。

二百ページ足らずの分量で、恋愛のみならず、あらゆる人生の要素を、
見事な迄に書き切る絲山秋子さんの筆力に脱帽。感服致しました。

色々な解釈が可能な謎を残す結末を、あなたにも読んで頂きたいのです!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。