スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ねにもつタイプ】 岸本佐知子

ねにもつタイプねにもつタイプ
(2007/01/25)
岸本 佐知子

商品詳細を見る


毎日の暮らし、日々のあれこれ。岸本さんの日常には、実にさりげなく妄想が差し込まれている。
本人も述べている様に、だいたいが小心者なので、物思いが始まると、

あ~でもない、こ~でもない、いや待て!違う風にも考えられるぞと『物』を持ち上げたり、
こじ開けたり、ひっくり返したり、とまぁ驚異的な粘着力なのだ。

四六時中、脳内フル稼働で量産、展開されていく妄想の物語は、
もはや妄想日記文学と呼んで差し支えない程の、深さや奥行きを有している。

列に割り込んで来た中年女性山田フサエ
(もちろん岸本さんが適当に名付けた)との息詰まる攻防(のシュミレーション)描いた【郵便局にて】

今日も今日とて、肉の不味そうな動物ベストテン
(ナマケモノ、アルマジロ、マレーバク、スカンク…… 。) や、

もし万が一過去にタイムスリップしてしまった場合に備えて、
自分が未来人であることを証明するために覚えておくべき出来事

(地震やテロの日付け、ワールドカップの勝敗)等の、
実にどーでも良いテーマを思い浮かべる内に、脱線思考の中でも

『これは実用化できるアイデアなのでは!?』閃きを、大真面目に発表するのが
『猫のマッサージ屋』だったり【ニュー・ビジネス】

そうかと思えば常日頃、ニュースを聞く度、犯人の犯行動機が、【むしゃくしゃして】。
ばかりで変だと疑問に思ってたと、ツッコミ入れるのが刑事と犯人の取り調べ中の会話。

たまらなく可笑しい。--刑事、むしゃくしゃしてやったと記入。

犯人(それを覗き込んで)「ちょっと待ってください。“むしゃくしゃ"じゃ
私のあの時の微妙な心理は表現しきれません。“モヤモヤ"に訂正してください」

‐‐刑事「大して変わらないだろう」
犯人「いや、全然ちがいます。私は私の心に忠実でありたい。あなたは私の表現の自由を奪うのか」

--刑事、“むしゃくしゃしてやった"を二本線で消し、“訳のわからないことを供述"と記入。
ブラックだなぁ、と。大爆笑してしまった。

だが。こういう見落とされがちなニュースを決して見逃さず、分解と拡大、
ミクロとマクロの両方から捉えるのって、そう簡単な事でないと思う。

この点、岸本さんは視点に些かのぶれもなく、どんな内容でも、
スッキリと分かりやすく書き切るのだから、大した書き手さんなんだと思う。

この驚きの名著に授賞した講談社エッセイ大賞(最近では立川談春師匠の【赤めだか】にも)
選考委員の先生方にも称賛の拍手を贈りたいと思う!

読む前と後で、確実に世界の見え方に違いが生じて来る事間違いなしのグレートな本ですよ!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【気になる部分】 岸本佐知子

気になる部分 (白水uブックス)気になる部分 (白水uブックス)
(2006/05)
岸本 佐知子

商品詳細を見る


この本。エピソードの1つ1つ、あまりに面白く、何度もカミさん相手に内容を語って聞かせてたら
仕舞いに「なんなの、この人!?可笑し過ぎてお腹痛いし、声出さず読んで!!」と叱られました。

帯にもある通り奇妙な味わい。独特の旨味成分が口いっぱいに広がり気付けば病み付きに…。
なにしろ、岸本さんの頭の中は年がら年中『気になる』で満載。

算数の問題、ある人が果物屋さんで20円のリンゴを7こ買おうとしたら、10円足りませんでした。

と、聞けば。

『この人はもしかして貧乏なのだろうか。
家にそれしかお金がなかったのだろうか。リンゴが7個買えないとわかった時、
ある人が受けたであろう衝撃と悲しみは、いかばかりだったであろうか』もう気になるのだ。

そんな彼女だから、周辺にも【気になる】が寄って来る。

『夕焼け小焼けの小焼けとは、いったい何が焼けているのか?首の皮一枚で繋がっている、
それって既に死んでいるのでは?それから…』悩みを打ち明けて来るOさんには、爆笑してしまった。

他にも、小学校の正門の前の家に住んでいた時。真夜中家のベルが鳴るので
嫌々ながらも出て見ると、夢遊病の男の子がパジャマ姿で登校して来てた所で。

彼に対する優しい見解に、ホロリと。

気鋭の翻訳家ならではの豊かな人間観察力で書かれた文章も絶品で。
特に3章。膨らみ続ける妄想のイリュージョン!!。

スーパー・ショートショートや、幻想小説と呼びたい位の物語的な展開を続ける凄さ。

おまけに、おまけに。隠し味でちょっとだけ出てくる、本業の翻訳作品の紹介、
面白そうな事と来たら!これだけ内容充実、サービス精神も旺盛ならば買わない手はないでしょう!?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。