スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天使】 佐藤亜紀

天使 (文春文庫)天使 (文春文庫)
(2005/01)
佐藤 亜紀

商品詳細を見る


BOOKOKAの企画している【福岡の書店員100名が選んだ激オシ文庫フェア】。
書店員さん達それぞれが帯に書かれた素晴らしい紹介文。

中でも、『不親切な小説?お勧めはしない。』この紹介文は断トツに強い異彩を放っていた。
題名・天使から受ける印象と、紹介のされ方に、随分な違いが感じられるではないか!?。

結論。読めて良かった!!。

心情や状況の説明がバッサリと削られた文体の独自性。確かに親切だとは言い難い。

けれども、読み進める内、最低限の事だけ濃縮し書かれた文章が、
場面毎に密接な結び付きを持っていた事が分かり始める。そこからは小説の虜。

劇薬のように、じわりじわりと全身の細胞へと世界観が浸透して来るのだ。
300頁足らずの分量でも充分に極上の長編映画に匹敵し得る、スリルやサスペンスが展開される。

文字を読む瞳の中くっきり、物語の舞台や人々の姿浮かび上がるのを体感出来る程だ。
ここまで立体的な奥行きを持つ作品には初めて会えたように思う。

作品全編を通じてのキーワードになる特殊能力『感覚』。
五感を自由自在に制御出来る様になった先に在る超自我の世界。

第一次世界大戦前夜のオーストリア。諜報機関の顧問官にスラムから拾われた少年こそ
生まれついて天才的な感覚を持っている、主人公ジェルジュ。

研ぎ澄まされ過ぎた自身の感覚に振り回され悩んだり。

滅び逝く帝国の中、自己保身ばかり考えている貴族達から便利な政治の道具として
危険極まりない任務を押し付けられたり。死と生は紙一重、隣り合わせの世界。

孤独や不安、絶望を生きる事で成長するジェルジュ。超能力と言えども、扱うのは人間。
SF風の設定が決して絵空事にならないのも、人間がキチンと描けて在るからだと思う。

特に終盤。ジェルジュの実の父が敵か味方か
区別しにくい形で登場、親子が様々な国家の陰謀を煙に巻くシーンは飛び切りのカッコよさ!!

時代小説でスパイ小説で、純文学にして、究極のエンターテイメント!!
本を読む醍醐味を存分に味わえる作品、痺れます。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。